スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学前準備 オススメまとめ

もうそろそろClass of 2015が旅立ちます!
時が経つのは本当に早いね。
例年通り、今年も日本人女性がいないらしいけど
来年以降の復活を願ってます。

見ているかわからないけれど、私からの合格祝いです。
留学前やっといてよかった、やっときゃよかったランキング。

まずは、やっといて良かったランキング。
3.永久脱毛
ただでさえ忙しいと女子力下がりがちなのに、
見た目を気にしなくなる学生生活。
それでも日本人女性というアイデンティティ(黒いムダ毛w)は捨てられません。
アメリカで学生やってまーす、だからいいのー!
なんて言い訳しなくても済むように。

2.発音矯正
記事はこちら。やっててよかった
英語で大きな声で人前で話すのが苦にならなかったので、
その点だけでも大きな進歩。
今でも月2,3回のSkypeレッスンは続けているけど
やはり毎日英語は使わないから、
毎日英語を使える環境でトレーニングした方が定着も良いと実感しています。

1.留学友達、海外在住仲間作り
世界中にちらばった日本人MBA友達、昔も今も最っっ高です!
主に予備校つながりから始まり、
友達の友達や、MBA学校説明会、飲み会、SNSなどで知り合いました。
留学前はちょっぴりライバル関係だったかもしれないけど
留学中は情報交換と家庭訪問の旅、
留学後も人生相談や日本国内美食の旅ができる仲間。
これからも、ゆるふわMBAだけれど、よろしくね。

その他、ランク外では
SNS慣れ
facebookの活用は2012-2013ではmust。
Twitterやブログで友達とゆるく繋がって
いちいち連絡を取らなくてもお互いの状況を知れたのも良かった。

料理や運転
アナーバーでのサバイバルスキル。

オンラインでお金のやりとりが完結する仕組作り
オンラインバンキングはもちろん、
カード引き落とし明細も全てオンライン確認ができるようにした。
本当はあまり良くないらしいけど、ネット証券で
2012年クリスマスに株を仕込んでおいたおかげで今も含み益が❤

健康管理
とは言いつつも、留学前に完了したのは親不知を抜く、くらいですかね。
予防接種は入学オリエンテーション的なイベントで質問したら
先輩が誰も必要だと言わなかったのでやらなかったけれど、
北京でパンダが触りたくて結局、大阪セッション中にあわてて開始
しかし、ミシガン大学健康保険ではおそらく100%カバーされるので
(日本では保険適用外)そこまで待っても良かったかな、という気も。


次はやっときゃよかったランキング。
3.勉強の方針づくり、留学の目標立て
例えば、あの授業を生かすためにこういう科目を取ろうとか
私の弱みはここだから、こんな科目を取ろうとか
こんな人たちとのネットワークを強くしようとか。
逆に、よく言えば私は「Planned happenstance」な留学生活でしたが。

2.真剣な学校選び
結局私はアジアが好きだった。
GMBAでアジア3か国、交換留学で2か国、MAPで1か国に行けたことで、
アジア軸を強めることができたけど
だったら経済的にもはじめからアジアMBA狙いでも良かったのでは?
まぁ、私のことなのでアジアに行ったら行ったで
アメリカへのあこがれも捨てきれないんだと思うけれど。

1.資金管理
為替変動がやばかった。
初回学費振込を2011年12月ごろとすると、当時の為替
76円くらい
帰国した2013年7月末ごろの為替
98円くらい
現在の為替
105~102円

20140129_1.jpg

日本人クラスメイトの一人はなんと入学時に全額払ってしまったらしいです。
これは本当にCleverな決断だった。
しかし、今年に関して言えば
2013年12月に105円を記録したところ、2014年1月下旬には102円なんだから
経済を動かすのは、やはり、神の手なんですかね・・・。

日本に輸入したいもの (2)

前回書いて、続くかわからないと宣言していた輸入したいシリーズ。
奇跡的に連載になりました。恐らく第2回までで終わりですが。
第1回はこちら、かわいいスーパーTrader Joe'sについて。

今、紹介するのも季節的に離れすぎて微妙なのですが、
誰か新規戦略に飢えた日本人マーケターに輸入して欲しくて。

アメリカで大事な連休にThanksgivingがあります。
いわゆる感謝祭ですが、
在米歴の長い人の投稿や空気感から知るに
日本のお正月の面倒臭さと似た日なのでは。
例えば帰省ラッシュとか、
伝統的で大して美味しくもない食事を
家族親戚一同で大きなテーブルを囲んでだらだら食べるとか、
家族で駅伝を見るように、アメフトを見るとか、
その時期はお役所も個人商店もお休みとか、
初売りセールがあるとか。
そのセールが
ブラックフライデー。

wikipediaより。
『感謝祭が過ぎるとクリスマスまで約ひと月となり、
クリスマスプレゼントの購入に向けて消費が動くため、
各小売店では感謝祭をクリスマス・セールの前哨戦と位置づけ、
客足をあてこんで金曜日から特別セールを行う。
金曜日のセールで小売店の収支が黒字になることから
感謝祭の翌日を「ブラック・フライデー」

週明けの月曜日に職場の高速回線を利用してウェブ通販でプレゼントを
購入する人が多いことから感謝祭休み明けの月曜日を「サイバー・マンデー」

と呼ぶ場合がある。
感謝祭からクリスマスまでのひと月は、小売店の年間の総売上で重要な期間となり、
通説では小売業の年間売り上げの半分がこの一ヶ月に集中する。
消費者向け製品を作る各社もこの「年末商戦」に間に合うように
新製品を発売するのが通例である。』


Thanksgivingは11月の第4木曜です。
木曜から金曜に日付が変わった瞬間にセールがスタートします。
店内全品30%OFFとか、先着何名の限定品を目当てにテントを用意して並んだり。
冬なので厚手ダウンでみんな並んで待機します。
北国ミシガンでも寒さに負けず、
家電量販店の前にテントを張って限定品を狙う人もいます。
20140128_3.jpg
↑うちからも近かった家電量販店、Bestbuyのイメージ。

ここで注意したいのはオープン時間。
日付が変わる瞬間=深夜0時。
当然、公共交通機関はなく、アナーバーではみんな車で移動でした。
きっとダラダラ食べてテレビ見て
さーそろそろブラックフライデー並びに行くよー!
お母さんはMacy's行く!私はアバクロ!お父さんは運転!
みたいな流れなんでしょう。
20140128_2.jpg
↑こちらもうちから近かったジャスコ系なスーパー、Targetのイメージ。

私がブラックフライデーが好きなのは
深夜に買い物するって変なテンションだから楽しい!
ってこと。なので、ぜひ、売上に困った店とか導入してください。
交通機関については知りません…。

サイバーマンデーについてはこのように書いてあります。

『サイバーマンデーにオンラインショップの売上が急増するのは、
休暇明けの月曜日に職場の高速回線を使ってオンラインの店舗にアクセスして
買い物をする人々が多いためであるとも、
感謝祭の休暇中には実店舗での買い物に外出したり帰省していた人々が、
家庭に戻ってオンラインでショッピングするからであるとも言われる。
また、オンラインショップ各社がサイバーマンデーと銘打ってセールを行うことも、
当然、売上が大きく増える要因である。』

職場でお買いものすれば印刷も簡単だしセキュリティもしっかりしてるしね。
図書館でPCを開いている学生のほとんどがPPTやエクセルではなく
facebookを開いているような感じね!納得!

ちなみに、私がおもしろいなぁと思った言葉。
Thanksgiving dayの名物料理ランキング。
マッシュポテト?アップルパイ?やっぱりターキー?
いえいえ、left overだそうです。

これは残り物を全て挟んだサンドイッチ。
翌週のランチになります。
Thanksgiving left over recipes でたくさん検索できます。
20140128_4.jpg

おせちに飽きてついつい雑煮ばっかり食べちゃうような感覚と
七草がゆの習慣をミックスしたような感覚かな。



蛇足ですが、リンクのために過去記事をあさったら
「日本に輸出したいもの」とありました。
日本は当時の自分にとっては海外=輸出で、今はそうではないんだな、と
無意識が文字に出ちゃったことに少し驚き、寂しくなりました。

インドみたいな私の履歴書

就職活動、終わりました。
ボスキャリも行かず、
インターンもMBA採用とか関係ないベンチャーでやって、
自分探し泥沼化か?!と心配(期待)してた人もいるかもしれませんが、
期待を裏切って、申し訳ない。
誰もがびっくり、キラキラキャリアに戻ることになりました。
とある会計事務所で、日本企業のアジア進出をお手伝いします。

MBAを通して、会計系は割と好きで、
逆に世間一般ではMBA人材でも会計は割と苦手意識が強いとわかって、
会計の世界に戻った方が資源分配的にいいのかなと思うようになりました。

私の人生を変えた北京セッションとシンガポール+インドのダブル交換留学。
ウォルトディズニーの聖地アメリカに
キラっキラの魔法の国を求めていた私も少し目が覚め、
アジアに関わり続けたいという思いは強くなりました。

シンガポールやインドでできた多くの友人が
日本に戻らずにアジアで働き続けるという意識が強かったのも大きな後押しでした。
彼らにできて、私にできないということはないでしょうとw

まぁ、そんなわけで、気持ちだけは前向きだったんですが
私のレジュメは好き嫌いが激しい
「インドは好きか嫌いかはっきり分かれる」というように、
好かれるところは好かれる、嫌われるところは完全に嫌われる感じでバッサリでした。
例えば意外だったのは、未経験も含めて人員増強中の
ファイナンシャルアドバイザリーやコンサルの会社。
面接官も全く前のめり感がなく、私に興味ないのが伝わってきました。
また、国際税務をやっている会社もすぐに切られてしまいました。

逆に好かれたのはベンチャースピリットのある会社や部門。
事務所の立ち上げを一緒にやりましょうと提案されたり、
世界中どこでも出張行って実地で学んでほしいと仰ってくれたり、
事務所長任せたいので出資しましょうかと仰ってくれたり。
特にトップの方が気に入ってくださったケースが多く、
お断りするのがとてもつらかった。
そんな方が見込んでくれると、
いやいや、そんなすんごい方が、
たかが私みたいなコムスメにそんな期待しないでくださいよーと思いつつも、
レジュメに書いてある実績は嘘じゃないから、すごく嬉しかった。

この就職活動を経て、後輩へのアドバイスをするとしたら、こんな感じかな。
私が経験したのは日本での会計系での就職活動であって、
事業会社の経理や経営企画、内部統制などは対象外です。

・会計士キャリアでMBAが評価されるのはゼロではないが、例外的。
 すなわち、例外的な会社や面接官に当たるととてもウケがいい。
・やはり実績、経験が大事。
・英語面接はほとんどなかった。
・元大手監査法人勤務だった場合、お給料はほぼ下がると思って良い。
・やっぱり人脈大事。そこに勤めている、勤めていた人や、
「その事務所と一緒にプロジェクトやった」
「そこの代表と食事したことある」みたいな人を捕まえて話を聞くべし。
(私が聞いた限りだと、悪い評判の人は皆無だった。
 悪い評判の人はどこかに停滞しているということでしょうか…。)

ちなみに、私も次の勤務先はエージェント経由ではなく、知人経由なのですが、
私のことを知人のみならず、多方面の方が推薦してくださったそうです。
TOEFLの勉強や学校説明会を優先させて残業せずに帰ったり、
無駄な作業が多すぎるとか文句言ったりしていたのに、
そんなことは水に流してくれたのか、本当に喜ばしいことです。
期待を裏切らないように勉強頑張って入社日に備えないと!

ネコをなでるだけの簡単なお仕事です

突然ですが、私はネコ派です。

小学校のころから社会人2年目頃まで、実家で白猫を買っていて
それはもう、溺愛していました。そう、そう、こんな感じで。
参考:ネコを飼いはじめた話

昔、うちのネコにも青いTシャツを着せたらすごく嫌がって腰が引けてしまい、
その姿がかわいくてかわいくて大爆笑した。


ネコが死んでから、なおさら「飼いならされた家猫」への愛着が強くなり、
人懐こいだけの野良猫でもなく、
だからと言って猫カフェの競争社会な感じでもなく、
お腹出して寝ちゃったり、飼い主に飯出せーここ撫でろーって文句言うような
内弁慶で野性味がなくて、人間にネコ語で話しかけるような家猫。

そんな家猫と戯れることができる場所(天国)がAnn Arborにあったのです…!

それが
Humane Society of Huron Valley
私の自宅から車で20~30分、
ノースキャンパスからなら10~15分かもしれません。

ここは捨てられたペットや、飼えなくなってしまったペット、
産まれたけど飼えない子ネコ・子犬などを保護し、
適切な処置を与えて次の飼い主さんに託すシェルターです。
日本ではシェルター文化はまだそんなに普及していないのかな?

説明会で聞いて詳細は忘れちゃったんだけど
年間の寄付金収入と運営費はウン億円単位。
設備はとても綺麗で、ペットを大事にする組織です。
フルタイムの有給職員もたくさんいます。

私はここでボランティア活動をしていました。
ボランティア関与時間と研修参加に応じて等級(Paw=肉球=肉級?)が上がり、
Paw1はお掃除や事務作業、Paw2は犬派、ネコ派に分かれます。
ネコ派Paw2の役割の目玉、それが
Cat Comforter
な、なんて甘美な名前・・・

そこで保護されているネコをブラッシングしたり、
膝にのせてナデナデしたり、
ネコじゃらしで遊んであげたり、
膝に乗せている間に眠らせちゃったり・・・
ネコたちは1日1回、Comforterにナデナデしてもらったらそれで終わりなので
性格や注意点をノートに記録して、翌日のシフトの人に託します。

子ネココーナーもあるのですが、
子ネコと大人ネコは別のブースにいて、1日のうち、どちらかしか触れません。
(病気等の感染防止)

兄弟姉妹子ネコと戯れて両手に子ネコ!をすることも好きですが
大人ネコと遊んで性格を見抜くのも私は好きだった。
こいつは首を撫でてほしいんだな、とか
手をそっと置いておくと安心するんだな、とか
ずっとミャーミャー言ってるけど、別に寂しいわけじゃなさそうだとか。

Comforterになるにはそれなりのcommitmentが必要なのですが
「ネコをなでるだけの簡単なお仕事」をいつか天職とできるよう、
しばらくは本職を頑張ります・・・。

気付きとか その3

「結果報告書」の文章でまだ引用していないものが見つかりました。
ちょっと刺激的な内容かもしれませんが、
提出先からお咎めもないし、大した読者もいないと思うので
実名は伏せ、そのまま掲載してしまいますね。



留学期間を通しての自由記入欄

奨学生1期生のN氏からも聞いていたことだが、
MBAを通して世界が大きく変わるくらいの学びがあったかというと、学問的には少ない。
私は会計士試験が経営学の広範囲を網羅しており、かつ、
監査業務でも様々な業種に携わり、
ルーティンではなく学びがある仕事だったからだと思っている。

また、MBAは詰め込み授業であり、
ノート持ち込み可、またはグループでのレポートやプレゼンで評価される科目も多い。
人によって異なるとは思うが、会計士試験勉強より知識の定着率は低いと感じた。
会計士試験で学ばなかった分野、
例えばマーケティングやリーダーシップ等は面白いと感じたが、
会計やファイナンスのように答えがひとつに定まるものではないため、
今後のビジネスに徐々に効果が出てくると信じたい。

留学中も何人かの公認会計士の同僚、後輩から受験相談を受けた。
当奨学金の知名度も上がり、今後も受験生が増えてくるのではないかと思う。
しかし、奨学金を受けることで
卒業後の進路が監査法人に限定されてしまうのではないか、という懸念も大きいようだ。

個人的には、MBAに行くような20代後半から30代前半にとって、
MBAで学んだことを大手監査法人で生かすのは厳しいと感じている。
理由として、大手監査法人ではマニュアル化が進んでおり、
チームにダイバーシティ(多様性)も少なく、
各個人が学んだ経営手法を生かす必要性が低いと感じるからである。
マネージャー以上になれば活躍の場が広がるかもしれないが、
逆にマネージャー層はMBAで学ぶ意義が薄くなると感じる
(米国人は20代中盤から後半で行くことが多く、
若いクラスメイトからは学びが少なくなる傾向)。

私個人としてMBA留学はとても良い経験になったと思うが、
全ての公認会計士・準会員にMBAを薦められるかというと難しい。
このようなジレンマを後輩にどう伝えていくかが奨学生としての課題であると感じる。



蛇足ですが、一連の報告書は
同じフォーマットで住所や学校名を書かされるのがおっくうだったので
いつも「経過報告書」を書き換えしたものを使っていて
留学修了時にも同じノリで出したら
「『結果報告書』のフォーマットで提出し直してください」と指摘されました。
さ、さすがですね・・・。

更に蛇足ですが、
いつも直筆署名をして、原本を郵送していました。
一時帰国時に日本から出したり、
シンガポールに遊びに来た親に持って帰って出してもらったりしていたので
消印で留学の証拠を確かめるとかはなさそうです。

気付きとかシリーズ
その1 2012年2月から7月、主にアジア生活
その2 2012年8月から2013年1月まで、主にアナーバー生活

<<前のページ | ホーム | 次のページ>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。