スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職マーケット分析 その1

さて、転職活動に専念してから3週間ほど経ちます。
もやもやしながらも、なんとなく見えてきたので
MBAらしくパワポで図解してみました。
かなり私の主観が入っているので、
「その業務もっと難しいでしょ」「あの業務はいれないのか」
等々の文句もあると思いますが、これを踏み台に
皆さんいろいろ考えてみてください。
※お酒飲みながら作った趣味レベルの成果物なので、
転職エージェントさん等の商用はご遠慮ください


CPA career


1.色分け
会計士やMBAというのは広く浅く勉強しますが
ビジネスマンとして「使える人材かどうか」というのは
千差万別だと思います。
会計士試験(論文式)の知識で比較的、とっつきやすい分野を青で、
MBAの知識でとっつきやすい分野をピンクで色塗りました。
色が塗られていないのは、実務経験や独学の比重が大きい分野です。

2. タテ軸
参入難易度としましたが、完全に私の主観です。
(事業再生と国際税務の難易度なんてケースバイケース。)
人によっては会計士試験に受かるよりも起業の方が簡単だとか
いろいろあるかもしれませんが、
あくまでも、「参入」ですので、
金融庁に書類を出せば受けられる会計士試験、
テン○スタッフでも一部代行できる記帳代行なんかは低めにしました。
MBAは英語力がないと、応募さえもできないのでやや高め。

3.ヨコ軸
Specialistか、Generalistか、というイメージです。
高くなるほど、知識や経験を深めていかないと
その領域で勝負できない感じ。

4. 円のサイズ
厳密ではないですが、
大きいほど多方面に関わる感じ。裏を返すと避けられない分野。

で、この表を作って何になるかと言うと・・・

私の軸足どこに置こう!という迷いが
さらにクリアになった


会計士であれば、多くの人が合格後3年後くらいから
転職や今後の方向性を考えるはずです。
いわゆる無難な資格を取った人たちですから
転職後のキャリアも
あまり狭くしすぎず、例えばM&Aとか事業再生とか
広くいろいろなことを考え、学べる分野を選びがちです。
あと、お勉強大好きだからMBA受験も人気出てきたね。

一方、3年程度のタイミングで
「相続に特化します」とか「移転価格の専門家」
を選ぶタイプは少ないです。
経験を積むうちにそこが強みになる会計士もたくさんいるのだろうけれど
早めに得意分野や専門分野を見つけられる人は少ない印象です。

ということが一般論としてはわかるんだけどね。
うーん、私は何をしよう?

ちなみに、英語もできるし、移転価格いいんじゃない?
って言う方が多いかもしれませんが
移転価格はBig4で3年くらいで学んで
日本を代表するグローバル企業の経理部や税務部門に転職、
安定した大企業のポジションを目指す、
というのが黄金ルートだそうです。
杏仁さんのキャリア志向や関心と全然違いますよねー!
はっはー!そうですねー!
とエージェントも私も即却下でした。

ま、こういう消去法も大事だよね。

インターンで青い鳥の尾を触る

私はMBA修了後、帰国後に日本で2ヶ月インターンをしていました。

いつ?
通常のインターンは1年生と2年生の間の夏休みにやるものなので
学生生活が終わった人が、しかも日本でやるなんて
え、どうして?そんなことできるの?と聞かれることがよくある。
別にいいじゃん、受入側と働く側の思いが一致したんだから。

どこで?
従業員10名弱のベンチャーのコンサルティング会社です。
場所は東京ですが、どんどん海外に支店というか、提携先を増やしてます。

だれと?
ファウンダーは公認会計士とアナリスト。
(2人とも『元』という肩書をつけた方がいいかも)
他はクリエイティブなデザイナーやシステムコンサル、
マルチタスクな金融出身の方、
ベトナムっぽい人、など。共通点は…アジア人ってことくらい?

なにを?
主に公認会計士の先輩のかばん持ち的な感じで(かばんを持ったことはないですが)
コンサルの現場にくっついていました。
勉強会に参加したり、時々、資料作成やリサーチもしました。
あとはデザイナーさんの仕事の校正作業も。これはけっこう褒められました。
なお、会計コンサルっぽさは、ほとんど、かけらもありません。

どうやって?
これがすごく重要だったと思う。
自分で仕事を見つけて、強みを発揮して、というのが求められる職場。
昔やったコンサルのお仕事も似ているけれど
それ以上に放置レベルは強かった。
「何かできることはありますか?」で何もない日もあった。
だから壁いっぱいにある本を読んでみたり、
知り合いに連絡とって「この分野教えて!」と言ってみたり、
家業や所属するNPOのコンサルをしてみたらどうなるかなと考えてみたり。

なぜ?
私は公認会計士のファウンダーの方の考えに数年前一目ぼれしてしまい、
それ以来、何か機会があると、オフィスにお邪魔したり
話を聞かせてもらったりしていました。
facebookでも「30代で国際感覚のある人で一緒に働いてくれる人いないかな」
と何度も書かれていたので、
これは私に対してのメッセージに違いない!と幸せな勘違い。
メッセージは強くて素敵だけれど、視点を変えるとクセのある人なので、
もしかしたら一緒に働いたら嫌いになってしまうかもしれない
そんな不安があったので、インターンでお願いしました。
結婚前に同棲するイメージですかね。

で、結局どうなった?
インターンは当初1ヶ月でしたが、それでは全然足りなくて
2ヶ月お願いしました。
正直、2ヶ月経った今もまだまだ足りない気がします。
で、正社員になるかというと、ならなかった。
大した成果も残せなかったのに、ベンチャーなのに
予想以上に高い報酬と好条件(ほぼ完全フレキシブル)も頂いて
すごく嬉しかった。

でもここで一旦離れることにしました。

理由は
・ファウンダーの方の暗黙知や人柄が偉大すぎて、一朝一夕に真似できない
・真似できたとしても、説得力がなさそう(私の経験や年齢的に)
・現場力、泥臭さ、が欲しかった

3点目について、
現場が動いてこそのコンサルティングなので、現場ヒアリングもしていますし
現場への浸透などの相談ものっています。
自分で手を動かしたことがない私がこんなことやってていいのか?
(ファウンダーはもちろん、自分で回した経験あり)
現場でわいわいがちゃがちゃできるのは
若いうちだけじゃないのか?

更にMBAを通して知り合った営業畑の皆さんの人間力の高さ(=キャラの濃さ)
営業の職人気質なところに惹かれてしまった。

私の監査法人時代の先輩(公認会計士)が、お母さんと一緒に起業して言った言葉。
 「ちょっとしたコンサルや顧問で簡単に稼げるけれど
 自分の手で作ったものが売れる喜びを知ってしまうと
 それがたった1,000円でも止められなくなるよね」

18才から商いを学ぶ商学部に入って、
1,000万円超のお金を払って大学院でもビジネスを学んだのに、
私はお客様から「これ欲しい」と言われ、モノやサービスを提供して
直接お金を頂くという一連の流れを回した経験がない。

ビジネスの原点に触れたい。
エクセルで出された数値よりも、「欲しい」の気持ちに触れたい。

あれ、これってまた青い鳥探ししちゃってる?少しは近づいてる?

就活情報(ただしニッチ)

就職活動継続中でございます。

公認会計士MBAの就職活動について
あまり本質をついたというか、ぶっちゃけた話がない気がするので
書いてみることにします。

公認会計士としての転職にMBAはほぼ関係ない

まず、会計系や税務系の事務所の場合。
ひどいと「日常会話はできますよね?Eメールや電話会議も大丈夫ですか?」
と聞かれたりする。
ここで天邪鬼な私は
「ビジネストークはできますがスラングが入る日常会話の方が苦手です」と
言ってみたりもする。(時と場合によるけれど)

BIG4系の事務所の場合、
さすがにそこまでの無知はないけれど、
結局は実務経験がモノを言うので、
例えば営業やったことあるかとか、銀行との調整はどうだとか、
MBA以外の経験を聞かれてしまう。

逆に「MBAとしての転職」であれば
求められるフィールドはまた変わるだろうけど
会計士としてのバックグラウンドをプラスで評価してもらうのは難しいかもしれない。

熱くて冷たいものとか、甘くて辛いものを探しているような
なんだか変なマーケット状況です。

キャリアチェンジになると「急に」年齢の壁が出てくる

私は留学開始時28才、帰国時30才だったんですが
20代の方が希望です、というような案件が出てきます。
日本でMBA留学準備をしていると
まわりは30代が普通なので、
帰国時には30代半ばからアラフォーの同級生も出てきます。
だから全然若いだろうと思ってたんですが
この年で大きなキャリアチェンジは厳しいと言われたこともあります。
あと、某コンサルについて内情を知っている友人に問い合わせたら
その年俸水準だと20代を募集してるんじゃないかなと答えられたことも。

監査法人というのは基本的に有資格者が入社するので
合格した人から順々に入る=年齢は基本的に無視、なんです。
年下上司、年上部下も当たり前。
それが急に「20代のうちにこれこれの経験を積んで入ってきてください」
だと会計士的にはちょっとショック。

監査経験10年より、監査2年アドバイザリー2年税務2年が売れるのでは

私は監査法人3年しかいなかったので
あまり難しい監査や巨大なチームのマネジメントはできません。
でもそれは思ったよりdisadvantageになってません。
監査法人にいる間は「○○の経験をしてから」というのをよく聞きますが
その○○の経験が転職市場でそこまで評価されるかというと不明。
もしかしたら過大な自己評価になっているかもしれません。

逆に、税務申告は?上場支援は?アドバイザリーや営業は?
というように、大法人でスタッフをしていたらあまり触れられない分野に
転職市場は価値を見出しているような印象があります。

アジアのマーケット争い

アジア好きなんで、アジアに関連するお仕事を探しています。
会計×アジアで言うと、数はかなりあります。

しかし、日本企業が進出して安定、飽和しつつある
タイやシンガポールは報酬が低めだったり、
会計土方(勝手に命名。記帳代行とか個人の申告とか)の仕事だったり
華やかさからは遠い仕事もある印象です。
もちろん、こういう仕事をする人がいてこその、アジアビジネスなんですが。
Big4系はエージェントやウェブで
シンガポール、香港、タイなど駐在員天国系の国の募集出してないです。
シニア派遣や駐在で間に合っているのでしょうね…。

ベトナムやミャンマー、インド、中国でも北京上海以外の都市など
ややチャレンジングな国はまだBig4系が募集していることもあります。
私レベルでもいけそうだったりします。

会計×欧州とか会計×米国だと、かなり数が少ないような印象。
おそらく、ここもBig4系は私じゃ行けない。探してないけど。

会計×アジア以外の新興国だと、案件が出てきません。
ミャンマーとか南アフリカを想像したあなた、まだあまいです。
ブラジルとかロシアとかそのレベルでも出てこない。
Big4でも駐在慣れした人がやってるのかな。

そうそう、昨日MBA留学中の会計士の先輩と飲んだんですが
学校に来るリクルーターやキャリアサービスで
アメリカの仕事見つけなかったのはなぜ?他の日本人どうした?という質問。
多くは日本に帰るか、日系企業就職なので、ほとんど使っていないと思います。
(ナントカジャパンみたいな有名企業は時々来ますが)
だって米系企業が日本人に就労ビザ出すメリットって何?
英語ネイティブのアメリカ人いっぱいいるじゃん。
日本語も英語もいけます、って言うと、日本企業の米国支店勤務なので
あまりキャリアサービス使う人はいないのが当校の現実でした。



思ったのはこんな感じですかね。
秘密情報は出していないつもりなんですが、
海外生活してたもので(自慢げに)
日本でこれ言っちゃまずいでしょー!って言うのがあったら
コメントで教えてください。

カイジと開示の話

あわわ・・・すっかり放置になってました。
やることあるって大変ねぇ。社会人ブロガー、尊敬します。

就職活動なんですが、私の身近な環境ではこんな問題が勃発しています。
カイジになった日
というわけで、自由放任、独立自尊な私も
こんな火種になっては良くないと思い、問い合わせしてみました。

その結果、
・メンバーファームなら可。
・コンサルティング会社は個別判断。
・会計士事務所に籍を置いて、クライアントへの出向は可。


あいまいだなと思ったのが、コンサルティング関連。
CEOや所長が公認会計士というのがひとつの安心材料?
いや、BIG4系はそうでもなさそうだし、
会計士試験合格者求人出しているところでもはねられたところあるからなぁ。

今のインターン先、(ここも要件合致してました!良かった!)
びっくりするくらい情報を開示してくれています。
こういう環境に来ると、オープンなコミュニケーションなんて
前職で言ってたのは所詮飾りレベルだなーって思いました。
私が将来、家業を継いだらここまで開示できるかって言うと抵抗あるけど
べつに、悪いことしているわけじゃないから、開示すればいいんだよね。

そして、私の問合せ結果も
できればそのままコピペして開示したいと思ってます。
でも、そのためにはまた協会に問い合わせして、稟議かけて…と
事務局のお手を煩わせてしまうので、気になる人は個別に連絡してください。
ココナラ使ってくれると嬉しいなー☆ 
 先週、男性キャリアサービスランキングで1位を獲得したそうです。まじか。)

つながる感覚

MBA友達に青い鳥はいないだとか、遊学お嬢様だとかさんざん言われてますが、
やっと9月より社会復帰、インターンを始めました。
従業員10名弱のコンサルティング及びウェブ制作会社で、
アナリストと日米公認会計士のお二人で立ち上げた事務所です。
ベンチャーらしく、初日から東北方面に出張に行ってきました。
2日目も某社の会長さんとのミーティングに同席させて頂きました。
このスピード感、嫌いじゃないです。というか、好きです。

久しぶりの社会復帰で気づいた点が2点。
インターン始まって2日間、事務所に寄らず現場に直行直帰なのですが、
場所がふらふら、毎日変わることが楽しい。
行く先々で、新しい街との出会いや空気感の違いを楽しんだり、
あ、ここは前職時代に訪問したところに近い、とか思い出したり、
いろんな記憶や体験がつながっていくのが気持ちいい。

もう一点もつながりについて。
私MBA行って学びは少ないとか、光の速さで忘れるからとか
文句ばかり言っていますが、それでも微かな記憶は残ってて、
ミーティング中に、これケースで読んで議論したよな、教授が解説してたよな、
という瞬間がふっと思い浮かぶことがあります。これも気持ちいい。
でも、そのケースの結論がどうだったのか、
そのものずばり回答できるかと言われるとちょっと微妙。
でもだいたい、こういう時に思い浮かぶのは
Human resourceとかOrganization系のことなので、
授業中ももやっと解決させてたんだろうと思う。たぶん…。

あと、人と人のつながりについても気づいたことがあって
私は社会人デビューした時から比較的社外の人や高校・大学以外の
新しい繋がりも作っていました。特に意識したわけではないけれど、
当時は将来海外行きたいなとか、MBA行きたいなとか漠然と思っていて、
そこにカツマーブームや勉強会ブームがあって意識と環境がマッチしたんでしょう。

私がミシガンで飽きてしまった原因のひとつが、コミュニティが狭いという点でした。
もちろんミシガンでも広げようと思えばいくらでも広げられたんだろうけど、
英語力で引け目を感じてしまったのと、
その土地に深くコミットしない、永住はしないというので
一歩引いていたのかもしれないね。

逆にあれよあれよとネットワークが広がる毎日が、今は楽しくてしょうがない。
あの人とあの人、合うんじゃない?と考えたり、その人会ってみたい!と
ワクワクすることが毎日何度もあります。

この点、シンガポールがダントツで楽しかった!また行きたいな。
というわけで、9月14日にNUS MBAの方が主催する日本人BBQがあるみたいです。
めっちゃ行きたい!参加希望者は私経由で連絡先教えます。

<<前のページ | ホーム | 次のページ>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。