スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人脈って言葉が好きとか嫌いかとかそんなことはおいといて

シンガポール生活、体力に自信のある私を休ませず、
風邪に至らせるくらい、超充実してます。
授業は週に1回しかないんだけれど、そんなに観光はしておらず、
人から人へ、いろんな方がいろんな出会いを連れてきてくれます。

MBAカウンセラー(FECの木下さん)繋がりだったり、
ネット経由の繋がりだったり、友達の友達だったり。

そこで気付いた「あって良かった、やってて良かった」をメモ。

1.ブログ、ソーシャルメディア

いろいろな出会いのトップバッターはブログ経由でした。
自分の好き勝手な文章と内容で、不定期更新ですが
それなりに続けてきて良かったなぁと思います。

Facebookでシンガポールを所在地に写真をざくざく更新することで
今シンガポールなんだね!会おう!と言ってくれる友達や卒業生の方、
TwitterでMBA受験仲間やMBA同期生っぽいな、として知っていただけの方と
じゃあせっかくなのでリアルで会いますか!みたいな流れになったりもします。

こういうのは「更新しなきゃ!」って義務感に駆られてると
自分らしさも出なくなるし、そもそも
お互いの情報をキャッチアップするほど頻繁に見ないと思うので、
ちょっとずつ使い慣れていくのがいいかと思います。

2.大学つながり

私はUndergraduate(学士)の大学には
会計士の勉強でそんなに通ってなかったけど
マンモス校で、上下のつながりを大事にする校風で良かったな~と心から感じました。

だってこれ、コンドミニアムよ。住居よ。
20130204_1.jpg

ここで大学同窓会でBBQやっちゃったのよ。
20130204_2.jpg
素敵すぎるでしょ。
お金、稼げるようになろうって素直に思いました。

こういう一面は個人差あるとして、お会いした方たち皆Supportiveで
就活っぽいことも少し進んだので、ほっと一安心。
(↑だめだめ、ここから!)

もちろんミシガン大学のネットワークも強く、
昨日は卒業生と教授とディナーをしてきました。
ミシガン大からこちらに半分(半分以上)移住しているDufey教授が
私たちの滞在と勉強をサポートしてくれているのですが、
彼が中心になって、シンガポールのMichiganネットワークを作ってくれていているそう。


3.若くて経験が少ない

こういうネットワーキングの場で年上の方からいろいろお話を聞くには
年上の方がいろいろ「教えたくなる」条件が揃っているほうがBetter。

私は日本でも『役職』につくほど偉くなかったので、
素直に「あんなこと、こんなことで迷ってるんです」と伝えると
皆さんたくさんの経験をシェアしてくださいます。

一般的な日本の社会人に比べると
海外にいらっしゃる方はRisk takerの方が多いので
私みたいに自由に動ける人に対して、どんどん背中を押してくれるのも
とても嬉しい。

逆に私の立場に置き換えると、
お子さんもいて、家のローンがあって、親の介護もちらついていて、
みたいな人生の先輩に「MBAどうですか?」「会計士ってどうですか?」と言われても
有用なアドバイスができる気がしないですからねぇ・・・。

このメリットを最大限に生かしているのが
大学(Undergrad)から交換留学に来ている現役大学生たち。
就職活動前なのですが、普通の就職活動で会える、ちょっと年上の先輩じゃなく
ひとまわり、ふたまわり上で、海外ででっかいことを任せられている大先輩に
直接OBOG訪問できるってすごいチャンス。
私が大学生の頃に来てたら、こんなことできてたかなー。すごいなー。

夏風邪はなんとか

シンガポールで風邪をひきました。
外は豪雪、中は暖房で乾燥のミシガンでさえ、風邪をひかなかったのに
なぜシンガポールで・・・

さては・・・バカ・・・?
(注:夏風邪は馬鹿がひくとは、
 冬にかかった風邪に夏気付くくらい鈍感という意味で
 頭がオバカさんというのとは違うそうです。)


原因としては、
室内外の急な温度変化、
辛いもの・熱いものを食べての発汗、
度重なるリア充イベントによる疲労と思われます。


【38度】
ふらふらして、何もする気がおきなかったので
まず日本から持ってきた薬を2回飲んで寝ましたが、なぜか2回分しか持ってこなかった私。
(やっぱりバカかもしれない)

【37度】
薬を買いに行きました。 様々なブログでググって結局、
中華系の薬と、ドイツ系の咳止め薬を買いました。

20130203_1.jpg

参考記事 シンガポール個人的風邪薬事情

どちらも私にはとてもよく効きました!
特に咳止めは、日本の薬とは比べ物にならないくらいぴたっと止まり
日本に輸入したいくらいです。

【36度】
筋肉の痛みがどうにもこうにもつらく、
頭痛にもなっていたので、鍼灸院に行ってきました。

今住んでいるHDBには
食事をする屋台兼フードコートみたいなところと
ちょっとした小売店、時々お医者さんが入っています。
私の住んでいるエリアには鍼灸院が入っていたのでそちらへ。

看板から内装、待合室にある本に至るまで
英語表示がほとんどない中華系のお医者さんでしたが
English OK?と聞くとシンガポールらしく
Can Can! と元気なお答えが。

そして鍼も元気よく、容赦なく刺されました。
痛くて、2回くらい、うああーーと呻きましたが、
Can Can!といった感じで数回撫でられたあと、結局刺されました。
鍼治療初心者ならトラウマになったかもしれませんね。

このお医者さん、内服薬まで処方してくれ、なんとお値段30ドル!
本当は40ドルだったのに、私が30ドルを10ドル紙幣で出した後、
2ドル札を数えはじめたら、いいよいいよー、と。

ありがとぉぉぉ!

シンガポール、風邪が流行ってるみたいです。
こっちにいる日本人の友達も風邪をひいてたし、
他のExchange仲間がとっている行動ファイナンスの教授も突然休講。
リテールストラテジーの教授はなんとデング熱にかかり1回休講でした。

シンガポールの皆さん、体調にはお気をつけて。

NUS訪問~終電コース~

ちょっと遅れてしまいましたが2回目のNUS訪問の記事を。

初の訪問は2011年11月。ネコを見に行くというアホらしい企画でした。参考記事 

今回はClass of 2014の方々に
新しい施設 U-Townを中心に案内して頂きました!

元ゴルフ場だったという話の通り、広大な芝生。
一大ブームなのか、熱心にブーメランを楽しむ学生たち。
20130129_5.jpg
この後、雲行き通り、雷と大雨が・・・。そういう季節みたいです。

学食(Canteen)も綺麗。でもUndergradぽさが強いかな。きゃぴきゃぴ。
20130129_6.jpg

壁登り。これ、全身のマッスルに効くらしいですね☆
20130129_7.jpg

登ってみた。うん、これで水着もOK(嘘)
20130129_8.jpg

キャンパス見学の後はイタリアンレストランに移動し、
オープンカフェで軽食、お酒を楽しんでいたのですが
まさかの9時ラストオーダー・・・。

その後、24時間営業のスタバに移動したのですが
車社会のアメリカに慣れ
てっきり終電というものを忘れており、
あわあわと終電に駆けこんだのでありました・・・。

虹色に輝く綺麗な建物。食堂とか本屋とか入ってます。
20130129_9.jpg

シンガポールMBAに関係する方、
みんなシンガポールに期待して、前向きな方が多くて
すごく勇気づけられます。

更に、私の主観的な感覚ですが、ミシガンでは
卒業後にミシガンで働きたいという日本人や
ミシガンでビジネスするために渡米した日本人
に会うことはあまりありません。
ここは留学先=シンガポールで働くことを現実的に考えられ、
実際に働いている人にも巡り合えるいい環境です。
私はMBAに来たことでビジネス界から切り離されちゃってる感がしていたので
ビジネススクールの「場所」の重要性を改めて感じました。

国だけじゃなく、人からも後押しされる
そんなパワーがある学校です。

たくさんの人を誘ってくださり、
アレンジしてくださったTさん、どうもありがとうございました!

タイプーサムに行ってきた

多民族国家、シンガポール。
今日はヒンズー教のお祭り、タイプーサムでした。

タイプーサムってなんじゃい?ってのがほとんどの日本人の方の感想だと思います。
駐妻ブログ(シンガポールの駐妻ブログ、写真も情報量もまじレベル高い!)
を参考に行ってきたはいいものの、
ほとんど文化的背景などは書かれていないため、
せっかくなので、シンガポールを検索ワードから外して
調べてみました。

Thaipusam(Wikipedia in English)
タイプーサム(ヒンズー暦10月)
(グロイ画像はないから安心してね)

待ち合わせまでの時間、ひとりで写真を撮っていたら
例のごとく(※)インド人男性のSamさんが話しかけてきて
ひとつひとつ、歴史やら神様やら紹介してくれました。
(※ 私なぜかインド人男性にやたら声かけられるんですよ…)

ヒンズー教でも主にタミルの方によるお祭り。
たくさんの神様のうち、シヴァの息子、ムルガをお祈りするお祭り。

この苦行をするのは5年とか7年とか21年に1回だそうで
数週間、肉を食べず、奥様とも別々に床で寝て、
Pureな体で挑むのだそう。

血が出ないのは神様に繋がっているから。

時々「うぉーーー」とか叫んでる人がいるけど
それは神様の声を受けているからであって、
心配しなくて大丈夫。

お祭りの直後はあまりいいことがないけど(え、なんで?)
しばらくすると、神様と伝わって、願いが叶ってくる。

シンガポールのタイプーサムスタート地点である
Sri Srinivasa Perumal Temple
ビジネスに効く神様だそうです。
「この近くのお寺の会員だから、顔が利くんだ」ということで、
Samさんの知り合いのお坊さん?らしい人に拝んでもらいました。

それぞれの苦行者は、このお寺の入口前の広場で針やフックを刺し、
台車を体に身につけ、親族などに囲まれ、
このお寺を通過してから、一般道を経由し、ゴールのお寺まで歩いていきます。

20130129_4.jpg

仕上げは口・舌。まわりの家族、友人と思しき人たちが
取り囲んで、一斉に掛け声をかけます。一番痛いんだろうな・・・。
20130129_3.jpg

イメージとしては某テーマパークのパレードと同じです。
各フロートそれぞれに個性があり、写真も撮り放題。
(もちろん最低限のマナーは守って欲しいですが)

こんなSHIBUYA 109系の色合いとか。
20130129_2_20130207112922.jpg

前日から準備開始し、当日はお昼前には第1団がスタートするのですが、
夕方5時半でもまだスタートしてないグループがたくさんいたので、
個人的には涼しくなった夕方から見学するので十分かなと思います。
20130129_1_20130207112923.jpg


私は自分が典型的な無宗教というのもあり、
日本であまり触れられない宗教建築にものすごく心が動かされます。
特にモスクはツボです。
トルコに行った時も、何時間でも座って眺めていたいくらいでした。

同じように、宗教儀式も興味があるのですが
イスラム教のお祈りの時には観光客は入場禁止だし、
キリスト教の教会のミサもちょっと敬遠してしまうけど、
これは触れられるくらい間近に、宗教儀式を感じられて
久しぶりに大きなカルチャーショックを受けてきました。

こうやって、知らないもの、恐れているものを自分の目で見れば、
『宗教』に対する間違ったイメージや思想には繋がらないし、
異文化を異文化としてありのままに受け入れることの重要さがわかると思うんだけれど
体験したことない人にそれを伝えるのはなかなか難しいですよね…。


今回、参考にさせていただいたブログ。ありがとうございました!
タイプーサム2012 スタート編
タイプーサム2012 ゴール編
こちらで足りなかった情報を補足。
- 血も出ないし、思ったほどグロくないと思います。
- スタート地点、最寄駅はSerangoon Station.駅を出たらすでに始まってます。
- お昼にお寺に行くと、カレーや豆乳などがふるまわれています。
- お昼前から第一団はスタートしてますが、最終は夕方6時なので、ご都合に合わせてどうぞ。
 某テーマパークのように一瞬で終わったりしません。
- 何時間もかけて、たくさんの苦行者が通りますので、場所取りも不要だと思います。

インド前の訓練


家探し、無事に終わったと思ってたんですが。

今の家では3匹の白いわんちゃんと住んでいます。
(以降、お食事後にお読みください。)


犬って散歩が必要じゃないですかー。
頭いいって思うじゃないですかー。

完全室内飼いで、
おトイレのトレーニングが中途半端だった。

というわけで、おトイレのあるキッチンに
朝、夕方、ていうか常に
トラップが仕掛けられております。
3匹もいるからね・・・。

一方、うちの愛猫はそういう失敗をすることはなく、
庭で遊んだ時もわざわざ家に帰ってきてするレベル。

だから猫が好きなんだよー!!

実は、日本人男性2名とシェアする、って話もあったんです。
オーナーというか部屋の賃貸を仕切っているのは
おそらくシンガポーリアンの方でしたが。
20130125.jpg
(参考画像 ママレードボーイ)

もしかしたらこの物件で
「わたしのためにケンカは止めて!」
を実現した方がおもしろかったかなぁ。 (ヾノ・∀・)ナイナイ

でも、インドではそこらじゅうにあるって言いますし、
いい訓練だと思って頑張ります。

<<前のページ | ホーム | 次のページ>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。