スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワシントンDCよりお届けします

ワシントンDCに来ています。
暑い
暑い

暑いーーー

台湾人クラスメイトと行こうと計画してましたが
5月の北京で暑い暑いとカフェばっかり行ってた子なので
今となってはやはりキャンセルしてもらって良かったのかなと思ってます。

噴水で足浴ならぬ、足を冷やしてるみんな。

ワシントンDC、正直なところ私のイメージよりあまり良くないです。
ボストンや西海岸が良すぎたか。

デトロイト近郊に住む者からすると
まさかワシントンDCの治安があまり良くないとは思っておらず、
宿泊先も駅周辺は少し微妙なエリアでした。なのでジョギングもできません。
まぁ暑すぎてしないけど。

主要な観光地は徒歩圏内にあるけど
その中に飲食店がほとんどない。
今日のランチはなんとcongress内のカフェテリアでした。
美味しいもの食べるのも旅の醍醐味なのにー( ´Д`)=3


街としてはなんだろうな、
今日はモールという中心地を歩いてたけど
千代田区内や虎ノ門付近をずっと歩いてる感じ?
割と隙がないと言うか。

珍しく不満だらけの記事になっちゃいましたが、
お腹空いてる時や暑い時に不機嫌になるのは万国共通です。

西海岸で日本かぶれ

10日間西海岸の旅。
3~8がサンフランシスコエリア
9~11がサンディエゴ
12~13がロサンゼルス

この旅でしたかったことは
とにかくいろんな人に会ってくること。
日本人の友達に会うのに数万円の航空券を買う価値はあるのか?
とも思うこともありましたが
押しかけて行って、本っっっ当に良かったです。

サンフランシスコエリアでは
UC BerkeleyのMasakiさんに大変お世話になりました。
ちょっと本流から外れたMBA+MPHを選んだり、
無駄に?壮絶な人生を歩んでいたり、話題は尽きません。
July 4thの花火は私は1人で行かされたくらい
観光には興味がない様子でしたが
その分毎日のトークがとても楽しく、
日本でこの続きを話すのが今から楽しみでなりません。
会話の内容的に個室ですかね・・・。

それからTwitter経由で知り合った会計士『業界』の後輩Sくん。
彼は会計士業界から全くの異業種にチャレンジしようとしています。
そして私なんかが「すごい」というのも憚られるんですが
身体的に一般の人よりBehindです。
彼のような人が身近にいるということを思い出すたび
小さなプライドや失敗への恐怖心なんか捨てようと思える気がします。

シリコンバレー、LA(トーランス)では
監査法人時代の同期と先輩に会ってきました。
同期は監査チームメンバーとして在米支社、支店のAudit,
先輩は日本にいた時から関わっていた大企業の在米支社Auditのマネージャー。
アメリカだからワークライフバランスが重視されてると思ったら
全然そんなことなかった

と2人とも言っていたのが印象的です・・・。

LAでは大学同期の夫婦にも会ってきました。
彼は某有名企業の3代目。私も一応3代目だけど
なんか、彼はもっているものが一般人と違う。
リーダーシップもあるんだろうけど、なんというか、
銀のスプーンをくわえて生まれてくる
っていうのは彼のような人のことだと思う。
かわいいBabyと奥様と少しでも長くアメリカ滞在できますように。

そして最後が高校時代の同級生。
彼女は高校の1学期だけ同級生で、夏から海外に転校してしまいました。
なので15年ぶりの再会。
うちの高校は転校・転入がほとんどいないのですごく特殊。
でも彼女の生い立ちや家族それぞれの生き方、
グローバルってこういうことなんだ、って実感しました。

ビバリーヒルズの高級コンドミニアム(※持ち家)で
微炭酸のワインと生ハムとマカロンを頂きながら
ガールズトーク。
こんな贅沢があっていいのだろうか・・・。


でもそんな彼女もOnline Dating(出会い系サイト)を勧めてくれたので
どこに良い人材が転がっているかはわかりません。


お会いした人それぞれは繋がりはないけれど
西海岸ならではのポジティブさは共通。

私が西海岸のMBA行ってたらどうなってたのかな。
確実に言えることはひとつ。

ウニ食べ過ぎで痛風かAmerican Debuになってた。

サンディエゴならこちら。
スシオオタ
LA(トーランス)ならこちら。
スシノゾミ

私、安物のウニ食べられないんだけどね、
LAのウニはまじでやばい。やばい。やばい。
スシノゾミのウニ丼が美味しすぎてしびれてたら、隣に座った台湾人らしいおじさんに
「スシ美味しいですか、よかったですね」って話しかけられた。

美味しいものを美味しそうに食べる点に関しては
歴代の彼氏からお墨付きを頂いておりますので、
ぜひ誰かご馳走してください。

airbnbが貧乏学生を救う

楽し過ぎてブログ更新もできなかったサンフランシスコ観光を終えて
今はサンディエゴ、ラホヤという海辺の高級リゾートにおります。

借金持ちの学生が何やっとるんじゃ!と思われるかもしれませんが
宿代を浮かせた結果、仕方なくここになってしまったのです。

今回はairbnbというサイトを使いました。
ごく普通の民家から高級一戸建てまで
一般の方が使っていない部屋を有料で貸してくれます。
お金の決済はサイト運営手数料込でウェブ上で。

場所はいいし、WiFi無料だし、キッチン使えるし、住宅街ジョギングするの楽しいし、
これはハマりそう。
更に今回止まった部屋、めっちゃおしゃれ。シャレオツ。


インテリア雑誌やモデルルーム以外でこんな住宅が存在するなんて信じられなかったので
あーお金稼ごう、ってシンガポールBBQと同じように改めて思いました。
やっぱロールモデル大事w

サンディエゴ行くと言った途端、合計5人の方に勧められたスシオオタ。
ウニめっちゃ旨かった。
噂によると寿司職人太田さんがサンディエゴでウニを食べてここで出店することを決めたとか。
2貫で10ドル、学生には少し厳しいけど明日も来ちゃう?と思わせるほどのとろけるウニ。
友達が食べた時は固いウニだったそうですが私の時はとろけるウニで大満足。
ランチに入ったので小うどんつきランチ握りセット12ドルと一緒に。
小うどんも関西風薄味で麺がのびてなくて美味しかった。


サンディエゴ、とにかく幸せな町です。
なんとなく来たけどすごく気に入った!

ホテルデルコロナド。名作映画の撮影に使われるような由緒あるホテル。

サンディエゴ動物園のパンダ。
上野動物園並に並びましたが、親子+子どもの3匹、みんな起きて動いてたので大満足。

一人旅が楽しすぎていつまでもおひとりさまを貫きそうで、まずいなぁ。

July 4th (独立記念日)をサンフランシスコで

7月4日はアメリカ独立記念日。
去年、交通事故後で仕方なくアナーバーに残って
のどかなパレードを見たのとはうって変わって
サンフランシスコ&バークレーで迎えました。
サンフランシスコの有名どころ、フィッシャーマンズワーフ。めっちゃ混んでるー。



またしても受験仲間を訪ねる旅ですが、さすがカリフォルニア州、
今のところ、雨は降らせてません(`・ω・´)ゞ

ゴールデンゲートブリッジ渡ってフェリーに乗って帰ってこようとしたら
フェリーは予約でいっぱいで、レンタサイクルの返却時間に間に合わないために
またしても自転車で橋を渡り、帰ることになりました。
20kmは言い過ぎかもしれないけど15kmは走った。しかも山道、坂道、人混みの中。
なんで体張るの止めようと思ったのにこういうことになるのかね…。
というわけで、サンフランシスコに旅行してレンタサイクルで橋を渡る際には時間にたーっぷり余裕を持ってくださいね…。

国境越えドライブ 900km耐久戦

魚尾獅さんと同じく、
自分の運転する車で国境越えがしたくてカナダに行って来ました。
カナダだけ行けばいいなら、デトロイトの隣にウィンザーという町があり
1時間程度で行けるのですが、名物はカジノ。
会計士というリスクとは正反対の世界に生きる身としては特に魅力を感じません。
またナイアガラも数年前に行ったことがあり、カナダに行く機会を逃してました、

が、会計士の先輩が語学研修でトロントにいるという情報を入手し、
これは行くしかない!と得意の弾丸1泊2日で行って来ました。

国境越え待ち~。
20130626_1.jpg

予定時間を大幅に2時間近く過ぎ、余裕を持ったはずの待ち合わせ時間にも1時間遅刻し、
それでも方向音痴の私が無事に合流できたのは奇跡的でした。

トロントは予想以上に都会でした。
トロント大学目の前のB&Bに泊まりましたが、
アナーバーと同じ学生街でもみんなちゃんとおしゃれしてる。
20130626_4.jpg


トロントの大富豪の邸宅、Casa Lomaの一室。
20160626_3.jpg

ワーホリや、語学留学の学生も多いので、モラトリアムな空気感も強いです。
日本人学生が日本食レストランでアルバイトしちゃう感じね。
うーん、ちょっと私が今の英語力と年齢で住むところではないかな。

20160626_2.jpg

車の運転も慣れたもので、右車線もすいすい、
ウィンカーを出さない車に気を使いながら片道450キロのドライブ。

1人で。

行きは道に迷い、帰りは渋滞。往復どちらも6、7時間かかりました。

1人で。

自立した女性、かっこいいとかを超えて
世界各地で体を張るイモト路線に転向しつつあるんじゃないかと思い
家に着いた瞬間、もう三十路なんだから無理しないようにしようと感じました。

カナダではGPS(カーナビ)が使えなくなり、
iPadのスクリーンショットの地図だけが頼りでした。
アメリカからカナダにドライブされる方、ご注意をー。

<<前のページ | ホーム | 次のページ>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。