スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BoPマーケットの授業(2)

田舎町訪問と、課題について続き。(前回記事)

20130805_2.jpg
私はチームメイトが石けんについていろいろ聞いていたので、
それに便乗してある男性村人(消費者側)に
「この石けん、ISO基準とってるんだけど、
これが何か、知っているか、存在に気づいてるか」と聞いてもらいました。
(英語はもちろん通じないし、男性がかろうじてヒンディー語話せたけど、
奥さんや娘さんはテルグ語しか話せなかった)
ISO基準については
チームメイト自身もあまり気にしたことがないからうまく説明できなかったし、
その男性に至っては全く話が通じていなかったと。
すなわち、石けんのパッケージにISO取りました、
なんて書くのはBoPではナンセンス。
ボリウッドスターの顔写真でも入れたほうがよっぽどウケるのでしょう。

ちなみに、田舎の村や学校にインターネットが入って
インド人が1番始めに検索するのはシャー・ルク・カーンだそうです。
この決め顔わかってる感じw さすがインド人俳優。
20130805_1.jpg

私たちチームのビジネスプランは
Tirupatiというお寺に訪問する銀行兼旅行業者みたいなものになりました。
私がいいなと思ったのは、
旅行費用を半額積み立てたところでお参りには行けるという点。
お参りを終えた後、神様に見られている意識があれば
残金の踏み倒しはないだろうと見込んでのことです。

クラスの人気投票で優勝したプランは美容院ビジネス。
今も村に化粧品やクリームなどは届けられているけれど、
美容サービスについては届いていない。
化粧品メーカー等の企業が村の人を教育して美容師・エステティシャンにし、
女性の雇用を産む。
女性は結婚式で必ず美容院に行くから安定的な需要があり、
美容サロンなどに入りづらいと思う奥ゆかしい女性向けに
一般家庭の奥の一室を利用する、などが評価されていました。

田舎町訪問で得た気づきを1ページで、という個人課題もあったので転載します。
純ドメMBA生の英語力見てみたい人にもどうぞ。こんなもんです・・・。


Because of the language barrier, I couldn’t conduct an interview by myself. However, I followed some teammates and they translated for me. Also, visual image taught me a lot.

Far beyond urban market
We talked about soap. Rural people just recognize products’ name and no brand recognition, Unilever. The other soap printed ISO certification on its side, but he couldn’t understand what we are asking. He totally has no idea. In Japan, we always care about brand and certification or qualification.

Experience first, word of mouth second
When the man chooses soap, he relies on his experience. He also refers to word-of-mouth. When I asked about ads on TV, he said he has no idea. I suppose he must see some ads on TV or signboard on streets. He however can’t connect the advertisement and the product in his real life. TV is TV and not connected with real life in his mind. We stopped by a small store and talked with the owner and shopper. I suppose that bigger sachet must be popular, but the owner said Clinic Plus is the most popular and volume is not important. However, it is also not sure because he does not take surveys or statistical record. A female shopper answered us that she likes to try every shampoo. She has no preference so far. She also hears from word-of-mouth.

Flexible consumers
I asked a young mother who has a baby. The baby looked not wearing a diaper or underwear. I asked her whether she uses a diaper, supposing that she doesn’t know what a diaper is. Her reply was it depends; when the family travels, she uses diaper for her baby. I couldn’t find any diaper in small shops, so it was surprising to me. The other shopper at a small shop answered when she wants to buy a candy without English literacy, she asks a shop owner and show her budget. Her preference depends on budget.

Language barrier
I had a huge difficulty to analyze rural consumer behavior. Japanese market also has a huge language barrier. I can’t expect what foreign brands entered Japanese market, but I guess there must be hundreds of failures and losers. To enter BOP market seems profitable opportunity to many international companies though, it is quite challenging for them without local language speakers and culture understanding.
スポンサーサイト

| ホーム |

コメント:


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。