スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ISB最新情報をゲットした

昨日記事にした通り、インドのオフィスは信頼できないので、
Indian School of Businessにいらっしゃる方にSkypeをお願いしました。
今日はその備忘録を。

◆到着日
・バゲージクレームで30分くらいかかることを見込んでおく。
・アライバルゲート→エスカレーター→Radio taxi(メーター制)の乗り場を探す
 →エメラルドグリーンのMerucabというタクシーに乗る。変な呼び込みは無視。20~30Rpではないか。
 →1時間程度でISBキャンパスに到着。
・両替は最大でも500Rp程度の紙幣で。1,000Rpになると高額紙幣で使いにくい。
・キャンパスに入るには厳重警備がされているので、事前登録が必要。
・到着日は近隣のELLAAホテルというところに泊まることをおススメ。キャンパスまではタクシーで400円程度。
・本来、Buddy役の在校生が迎えに来てくれるはず…。(←私まだアサインされてない)

◆寮での生活
・学校内で数日過ごせるくらいの買い物は校内でできる。
・食事はカレーが好きなら大丈夫。サブウェイが命綱。
 日本食がどうしても食べたいとかだと辛いかも。
・基本的に、だいたい揃っている。タオルは持ってくるように。
・食器、寝具も揃っているが、トイレットペーパーはない。(やっぱり…)
・基本的に、毎日ベッドメイキングと掃除は入ってくれる。
・部屋に蚊が多い。プラグ式の蚊取り線香を現地で買うこと。
・アメリカのように冷房効き過ぎということはなく、ちょうど良い。
・洗濯もお願いできるけど、仕上がりが悪いので、自分で洗濯機のあるところに行ってやっている。
 でも洗濯機は半分くらい壊れている。

◆授業
・授業は最大5科目取れるが、3科目がおススメ。
 2科目だと暇だけれど、4科目だと週末も頑張らないと厳しい。
インド人だけのグループだと、グループワークでけっこうストレスが溜まるかもしれない。
 Exchangeが2人以上いると、計画通り進めやすい傾向。

◆日常生活
・オートリキシャ、タクシーで移動。
タクシーの運転手、ほとんど英語できない。
・お金はATMも銀行もあるので、そんなに不安になる必要はない。
・携帯はSIMフリー携帯があるならVodafoneのSIMカードを買うのが手軽。
 パスポートサイズの写真を2枚用意しておく。
・キャンパス内で大人しくしている分には問題ないと思うが、
 慣れや疲れに加えて、調子にのると、体調崩すことがある。
・ウェットティッシュや消毒するものは日本で買っていった方がいいかも。

一番印象的だったのは
『私は1ターム(6週間)で十分楽しめましたー♪』
というお言葉。

3ヶ月いると十分を超えて何になるんでしょうか。
スポンサーサイト

| ホーム |

コメント:


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。