スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピッツバーグWalker~グルメ編~

そうです、やっぱり女心も男心も決め手は食ですよ、食。

★1日目
Welcome Dinnerはなんとお好み焼き!
このクオリティ!ひとくちひとくちが染みる。
私は無言で堪能。おしゃべり好きなFさんはしゃべり続けてましたがw。
めっちゃ楽しかったです。ありがとうございます!
20121225_1.jpg

20121225_2.jpg

お店はこちら。Teppanyaki Kyoto

コンサートから帰ってきてから、おでんと日本酒(熱燗)を楽しみました。
20121225_6.jpg
幡ヶ谷三銃士の1人、Gucciさんからピッツバーグのセブンで買ったのかとのツッコミがありましたが
Gさんのお手製です。じっくり味が染みててほんとに美味しかったです。
日本酒もこんなに美味しいと思ったのは、3年前の新潟出張以来かも。
たまりませんな~。

個人的にツボだったのは
ナッシュビルでは玉子(自家製味玉)煮てるし、
ピッツバーグではおでん煮てるし、
幡ヶ谷三銃士はなぜ「煮る」のか、という共通点を発見したことでした。
スペインのバルセロナでは何を煮ているのか、誰か調べてきてください。


★2日目
Fallingwaterへの行程は予約時間がおしていたため、
マックでアメリカらしく休憩でした。
私はマックでは小腹を満たすのみ、Fallingwaterのカフェでランチ。(食べ過ぎ?)

Fallingwaterから帰ってきてからプチ市内観光をしました。
アイスを食べたかったんですが、Thanksgivingの休日のため
2軒とも休業…代わりに偶然見つけたポップコーン屋さんに入りました。

お店はこちら。The Pittsburgh Popcorn Company

20121225_3.jpg

20121225_4.jpg

私はチョコレートワッフル味をチョイス。
チョコがけポップコーンとサクサクしたワッフルがごろっと塊になってます。
塩味とチョコの甘しょっぱい感じが塩キャラメル的な感じでいい!
翌日の6時間のバスの旅のお伴に決定。うまうま。
(※ 翌日のバスはちょっとした乗客トラブルに遭い、途中休憩なしだったので、
本当にこのポップコーンの高いカロリーに命を救われた感じでした)

Farewell DinnerはGさん邸でなんとなんと
冬の醍醐味、キムチ鍋!
バーベキューグッズは1年中、各種網から焼マシュマロ専用フォークまで何でも揃っている一方、
カセットコンロとか土鍋とかそもそも売ってないアメリカで
まさか、家庭的なキムチ鍋が食べられるとは・・・感激です。

20121225_5_1.jpg

材料も豆腐、白菜、ネギ、キノコ類、おもちなどなど
日本の味そのままにお腹いっぱいになるまで堪能しました。

また、Gさんのルームメイトでインド人のHくんが
インド系のお寺のイベントからテイクアウトしてくれた
ビリヤニという炊き込みご飯を出してくれ、
これも本当に美味しかったです。
Indian School of Businessのあるハイデラバードはビリヤニがとても美味しいらしいので
今から期待が高まります。

★番外編
インド人のHくんですが、Assistant English Teacherとして
日本の秋田にいたことがあるらしく、
そこで食べたきりたんぽの味が忘れられないそう。
「Gちゃん、きりたんぽ作って」と日本語で甘えてみたり、
「きりたんぽの歌」をYoutubeで紹介してくれたり、
鍋に入れて食べると美味しいんだよ~と思い出話をしてくれたり、
「Gちゃんは料理が上手だから、きりたんぽも作れるよ!」と持ち上げてみたり、
もうとにかくきりたんぽきりたんぽ、きりたんぽへの愛と
Gさんへの甘え心が痛いほど伝わりました。

私はこれから一生、
きりたんぽを見るたびに、ピッツバーグで食べたキムチ鍋とビリヤニの味と
甘え上手なHくんのことを思い出すことでしょう。

Gさん、次は甘え上手なかわいい彼女さんとキムチ鍋できますように!

もちろん、Hくんとのきりたんぽ鍋も楽しくなりそうなので大歓迎ですがwww

スポンサーサイト

| ホーム |

コメント:


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

トラックバック URL:
http://apricotmba.blog93.fc2.com/tb.php/178-b6d8b6eb
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。