スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MBAのドロドロした部分

留学生ブログを見てると
学校×個人の嗜好×個人の思考×個人の志向
でMBAライフは無限に変わるんだなーと感じています。

最近注目している自称「軍隊」のIMD,
表向きはこんな感じでDiversityを美しいものととらえがちだけど
個人レベルに落とし込むと、「性格の不一致」がグループワークの「課題」の大きな割合を占めていたりして。

私たちのGMBAは基本的に全員が黒い髪、黒い目のアジア人。
特に韓国人と日本人は仕事の慣習とか、もともとの性格とか似ているところが多くて
いろいろやりやすかったんだけれども・・・


最近、韓国人が韓国人グループでまとまりすぎてて
全くクラスと関わっていないのではないか?という批判があります。

コースが始まって3か月、
英語で学ぶ学生の環境に疲れたとか
韓国料理のレストランに行く人で固まった結果だとか
とりあえず英語に問題があるのでは、とか
いろいろ理由は考えられますが、それを解決したいと思っているのも
「クラスの意見」ではなく、ある一部の学生のみ。

日本人は思っていた以上に個人主義で、
国籍とか英語力とか問わず、1人や2人でご飯を食べたり
週末も勉強に充てちゃったりするんですよね。
(1人2人じゃないと行きにくい場所に深夜に行ったりして男の親睦を深めたりもしてるみたいですがw)

たぶん彼らは留学前から一緒に飲みに行こうって誘われても
あ、今日疲れてるからパス、って平気で言えてたクラスタなので特に気にする必要性はないと思われ。

クラスみんなで仲良くしよーぉ!友達大切!仲間外れだめー!
ってのをいい年した大人がやるのもおかしいんだけれども
一部の人は不快感を感じているのも現状。

んー、どうしたものかね。

私個人の感想としては、
せっかく外国に来て外国人の友達がたくさんできて
英語を四六時中しゃべれる機会なのに
自国の仲間と群れて、年齢や元いた職場の職位を気にしながら敬語を使って過ごす方を選ぶのが
もったいないし、正直、環境適応能力低いなと思わざるを得ないです。



こういうブログって読んでて楽しいですか?
個人的にはこんな授業でこんな学びがあった!
だけではなく、こういう話もあったほうがリアル感が伝わっていいかなと思うんですが。

授業のブログが少ないのは学びが少な・・・げふんげふん。
な、なんでもないですよ、ははは。

スポンサーサイト

| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。