fc2ブログ

会計士×MBAの会 via SNS

恐らく、このブログを定期的に読んでくれているのは
-リアル友達、主にMBA関連
-ミシガンGMBAに興味がある人
-女性でMBAに興味がある人
-会計士でMBAに興味がある人

だと思うので、会計士×MBA向けに告知します。



2013年6月9日(日)19:00~21:00
CPA(主に日本の公認会計士)×MBAで都内で交流会があります。
参加資格は公認会計士・会計士補・準会員で
MBAに興味がある、またはホルダー。

参加希望の場合、コメントください。非公開設定でも構いません。
申込先をお教えします。
なお、私は在米中なので参加できません。残念。



私がMBA受験を通して、また、MBAに興味がある方との接触を通じて感じたのは
こういうイベントに定期的に誘われるネットワークを維持できる人も
案外少ないんだな、ということです。
誘ってもレスポンスがない人や、
1回メールやりとりだけで終わってしまう人も多く、残念です。
(諦めたならいいんですが)

FacebookとかTwitterとか
定期的にログインして、そういう情報が散ってないか見るとか、
先にMBA留学している先輩の投稿に定期的にコメントするとか、
MBA留学いいな~って感じの記事をシェアしたりLikeしたりして
興味あるんですよってのをアピールするとか(これは会社に内緒だと厳しいけど)

こういうの私は趣味というか、普通に好きなので、
いわゆる「できない人の気持ちがわからない状態」なんですが
「よくそんなに更新できるね!」とか
「これからはFacebookちゃんとやるよ!」とか言われると
うーん、それも何か違うような・・・
こういうの使いこなせなかったり、疎遠になりがちな場合、
どうアドバイスしてあげたらいいものですかね。

The Oracle of Twitter

「ココナラ」のサービスが私のFacebookで話題です。

「みんなの得意を売り買いできる
モノを売らないフリーマーケット」

だそうですが、詳細はホームページに譲るとして、
このページを見ていると
えー、この人も参加してるの?!という感じで
経営陣の皆様やサービス提供側の皆様とけっこうつながっていたりして
そういう縁がどこで出てきたのか振り返ると
ほとんどがTwitter.

ココナラ、の人たちのことは私が一方的に知っているだけで
向こうが私のことを知ってくれているとは必ずしも言えないけれど
それでも私のTwitterは基本的に
友達の友達の友達くらいで構成されているので
(あまり有名人とかフォローしてないです)
私のまわりがこんな濃いプロフェッショナルだらけだったんだ
ということに改めて鳥肌が立つような気がしました。

先週、Human behavior and Organizationの授業が終わったところで
そのうち1回はネットワーキングに関する授業でした。

知り合いを無駄に増やすのではなく、
映画俳優ケヴィン・ベーコンのように
効率的に知り合いを増やしましょう、というのが
授業での教えのひとつ。

確かに私はここまで監査法人やら、会計士協会やら、
勉強会やら、交流会やら、講師やら、
コンサルやら、NPOやら、もうとにかくやたら広く浅く行動してきたけど
それらを更にもう一段、「友達の友達」レベルを
広く浅くカバーしてくれてるのが私のTwitterの使い道な気がする。


バカ発見器やら何やら、いろいろ言われてますし、
その時間勉強に費やせばいいじゃんとか思うこともありますが
この1年の激動のキャリアを構成するうえで
Twitterがカギになってたんじゃないかなぁ、と思います。

そういえば、Kosuさんも同じようなことおっしゃってますね。
(あ、念のため、今回はKosuさんパクリではなく、ココナラの触発です!)


今後は、皆さまから「杏仁さんと繋がっててよかった~」とか
「杏仁さんですか?会いたかったんですよ!」と
一言でも多く言ってもらえるような人材になりたいものです。
このままじゃネットワーク自慢の意識の高い学生(笑)で終わってしまうので。


私のアカウントを知りたい、というご質問ですか?
Twitterはバカ発見器らしく、私もオバカ発言が更に多めになってますので
短時間で消える様にブログには載せず、ご自身で探していただく仕様となっております。
ヒントは友達のリンクだよ~。


補足
このサイトでは俳優とケヴィン・ベーコンが
友達何人でつながれるか測れます。
(我々のような一般人ではなく、俳優ね、はいゆう!)
The oracle of Kevin Bacon
教授曰く、「もうあなたはケヴィン・ベーコンから逃げられない」と。
ちなみに、私のブログにも一度登場してくれた
宮崎あおいちゃんは指数3でした。
友達の友達の友達がケヴィン・ベーコンってこと。
高校時代のクラスメイト、Sちゃんはまだここには出てなかったなぁ。残念。

第8回McCombs非公式分校

テキサス大学McCombs校MBA卒業生の方が主催する
勉強会の案内が届きました。
ケーススタディを体験したい方にはお勧めですので
ぜひ参加してみてください。

ちなみに、テキサス大学MBAは
分野別MBAランキングAccountingの部で1位の常連校です。




テキサス大学オースティン校 McCombs MBA 非公式分校の第8回が7/22(金)19:00から開催されます。

今回のテーマは「IT機能子会社の次の一手は?」です。今回は事前にケースを作成する予定です。奮っての参加をお願いします。

■ マネジメントトピックスに関るディスカッション
◇日時:7月22日(金)19:00-20:00
◇テーマ:IT機能子会社の次の一手は?
◇ディスカッショントピックス
ケースを基に以下につきディスカッション。
- 同社を巡る経営環境は?
- 同社の強み、弱み、脅威、機会は?
- 同社のこれからのポジションは?
- それを実現するための戦略は?
◇参考図書
「ストーリーとしての競争戦略」楠木建著( Amazon )

◇開催場所:株式会社 戦略調達オフィス セミナールーム( http://www.mapion.co.jp/m/35.68215_139.736241666667_9/ )
東京都千代田区麹町6-2-6 ユニ麹町ビル4階(JR 四谷から徒歩2分。入口は建物を正面にみて左脇です。)      
◇費用:1,000円(税込)。当日会場にてお支払い下さい。必要な方には領収書を発行します。

■ Think&Drink
◇日時:7月22日(金)20:45頃から
◇開催場所:未定(四ッ谷駅周辺)
◇予約名:非公式分校
マネジメントに興味がある方なら、飛び入り歓迎ですので、お気軽に遊びに来て下さい。

■ 申込・お問い合わせ
こちらのリンクをご参照ください。
詳細・お申込み

マニュアルが大好きな君たちへ

先ほどイベントでの話を終えてきました。

イベント解散は16時半くらいだったと記憶してますが

・・・

5時間経過。

誰からもメールがない。
MBAnoWA! への入会希望メールは1通。

私、『最後に付け加えさせてください』
って、強調してネットワーキングの大事さ、伝えたよね??

やっぱり私に求心力がないんだ、
どうせKさんやTさんやNさんにみんな群がっているんだろう

と思ったけれど

いや、ちがう、

どうやって人脈を作ればいいのか
わからないんだ



というわけで、
どうやって人脈を作るのか、基礎の基礎を教えます。

まったく、世話の焼ける後輩たちだ。

言っておきますが、私は営業経験もないし、起業経験もないし
人脈の作り方なんてAmazonでさがせば
やまほど出てきますからね。
私なりのやり方を書いておきます。




1.その日or翌日にはメール

2.メールの内容
 1)御礼
  『本日は〇○ありがとうございました。』
 2)自己紹介 
  『名刺交換させていただいた△△です』
   この時、バックグラウンドとか、その人に質問した内容も書くべき。
   質問された本人はたくさんの人と名刺交換しているので
   誰が誰だかわからなくなっている可能性大。

 3)この後は熱の入り方によって変えてください。
  思いを伝えるなり、「今後ともよろしくお願いします」とさっくり終わらせるなり。

 4)本当に強くつながっておきたいなら個別に会う
 ・次に会いたい旨、日程等具体的なところまで書く。
  「大手町にオフィスがあるんですね。私のオフィスも近いのでよろしればランチご一緒できますか?」
  「英語の勉強で苦労されたとのこと、私も塾で迷っているのでもう少し詳しく教えていただけますか?」
  「私は今月中は定時であがれます。○○さんとゆっくりお話がしたいので、お時間いただけそうな日を教えてください。」
  
 ・なんでその人を選んだのかも書く。
 「会計士でMBAということで、共感を覚えました」
 「T大学は第一志望校です」

 ・さすがに個別に会ったら、顔くらいは覚えてもらえます。
  でも、「顔くらい」です。所詮、そんなもん。




もっと体育会系でハングリーなネットワーキングをお望みでしたら
スーパー営業マン(商品は自分)の
Gucciさんのブログ をご参照ください。

ここまでできたら、強いです。

でっきるかな~~

Planned Happenstance

Planned Happenstance とは
計画的偶発性理論
のことである。

はて、という感じかもしれないけど
簡単に言えば、偶然に思える出来事も
自分の人生にとって欠かせないものであり、
そうなるようにできている、というようなイメージ。
(詳細はご自身で確認を。私は専門外です。)

前置きはそのくらいにして、
合否報告をさせて頂きます。

4校出願、1校合格です。

今となっては
私なんぞを拾ってくれた学校が本当に愛しいし、
最大限の貢献をして、知名度を高めたいと思う。


合格したのは
Michigan ROSS School of Business
Global MBA Course です。
純ドメにやさしい日本語ページはこちら

詳細は後々、お知らせしますが
とりあえず、今週末の日曜日に私がドヤ顔で話すイベントがあるので
告知をさせていただきます。




CPA night 2011 ~海外留学という選択肢~

CPA night 2011とは、奨学金制度により海外に留学する予定の方、現在海外の大学院に留学している方、過去に留学を経験され現在は日本でご活躍されている方をお招きし、「海外留学という選択肢」をテーマにパネルディスカッションと懇親会を実施するイベントです。
パネルディスカッションでは、海外留学に至った思い、実際の海外に行くための準備や現地での生活、そして留学を終えた後のキャリア等、より具体的な内容をゲストの方にお話して頂きます。その後の懇親会では、ゲストを交えお食事を召し上がりながら、海外留学について生の声を聞くことができます。

<セミナー詳細>
=============================================
■名称:CPA night 2011 ~海外留学という選択肢~
■日時:2011年7月17日(日) 14:00-16:00(受付開始13:30)
■会場:Wired cafe日本橋三井タワー店
東京都中央区日本橋室町2-1-1 日本橋三井タワー2F
■内容:ゲストによるパネルディスカッション及びゲストとの懇親会等
■対象:日本公認会計士協会 会員・準会員(補習生を含む)
■費用:3,000円(飲食代含む)
■定員人数:50名
■主催:日本公認会計士協会準会員会国際委員会
=============================================
申し込みはこちらのページを参照してください
JIJA 準会員会




MBA受験に匹敵するくらい大変な会計士受験を乗り越えられたのは
この奨学金制度があったからということも大きいです。
中学生からの夢、留学が叶うんだ!
合格したら親に頼らず2年も行けるんだ!というモチベーションにつながりました。

公認会計士である父に届いた会計士協会会報に載っていた留学体験談。
当時は「サボテンとカウボーイ」しか思いつかないテキサス大学で学び、
満面の笑みと「アントレプレナーシップ」という
当時はマイナーな言葉を強調されていたのが印象的でした。

時は経ち、
この奨学生第1期生の方に推薦状をお願いできたことは
本当に、人生で5本の指に入るいいご縁だったと思っています。



次は私が卒業して、推薦状を書いてあげる番
後輩のみんな、早く来るんだっ!
先着だからね!いや、コネかな?
スコアだけじゃ判断しないのは確かです。
むしろスコアだけ高くて中身のない人には厳しく接しますw




<<前のページ | ホーム | 次のページ>>